楽天市場

2017年08月28日

張本智和 快挙

卓球のワールドツアー、チェコ・オープンは27日、チェコのオモロウツで各種目の決勝戦が行われ、マンシングルスで張本智和(主席研究所)がティモ・ボル(ドイツ)を4―2で破り、ワールドドサ回り初優勝を果たした。国際卓球カルテルによると、14歳61日でのワールド旅回り同種目の優勝は史上最年少書き込み。2014年の荻村杯ジャパン・丸出しを16歳30日で制した于子洋(中国)の記事を抜いた。日本勢同士のコンテストとなったアマシングルスは、伊藤美誠(スターツ)が石川佳純(全農)を4―1で破り優勝。伊藤は早田ひな(福岡・希望が丘高)と組んだ同ダブルスでも、スウェーデン選手とハンガリー選手の両者に3―2で競り勝った。



posted by ちいちゃん at 07:36| Comment(0) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
しずかの日記」の先頭へ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。